会長

学際の企画締め切りが近いけど、どうしようか・・・

どもども、久しぶりの更新です。

なんか大学祭の締め切りが来週の金曜日までらしいけど、昨日は話がまとまらなかったみたい。

さてさて、どうするの?

去年のハードディスクロックカフェは、

企画名全く金にならないところが割と気に入っていたのですが、

ピートダウンシェントがリッケンをステージに叩きつけるかの如く、

ハードディスクを投げ飛ばしても全く壊れない、ぜんぜんロックじゃないなということで途中で投げてしまいました。


企画名自体はなかなかいい線いっていた気がするんですが、僕自身が折れてしまいました。

金にならない企画を推した理由は2点あって、


 僕は昔からニルヴァーナが大好きで、カートコバーンがアメリカ的な青春(チアガール)を毛嫌いする感じに共感を持っていて、
(晴れ舞台で踊るチアガールを「Smells Like Teen Spirit」のPVでは、暗いライブステージで踊らせるなど・・・)

そんで、ロッカーの名言的なのに出てくる、「ロックの核心は反体制、反権力だ。成功した俺にもうロックは歌えない。

聴衆を誰一人ごまかしたくない。こんなはずじゃなかった。成功したから俺は死ぬ


みたいな発言が大好きなんで、成功しない=金にならない企画がいいなと思いました。


 二点目、毎年お店をやっているようなサークルの企画と比べたら、

このサークルが焼きそばを作っても、かき氷を作っても、何をやってもきっとオ○ニーレベル(言葉が悪いですが)、

どう考えてもストリップショーレベルに引き上げられないだろうと思い、収益が発生する企画はあきらめました。

なんとなくですが、物事を表現したり、作ったり、訴えたりして、人様から金を取ることは

生半可な覚悟の持ち主、中途半端な人間がやることではないような気がしてしょうがなかったです。

というか、サークルのスタンス的に納得できませんでした。


ハードディスクロックカフェ程度のチンケな企画でも僕は割と企画の立ち位置について考えたり、悩んだりで真剣でした。

もう発案する側では無いので、あれこれどうこう言いませんが、去年の轍を踏まんように頑張ってください。

僕としては、出店してもしなくても正直どっちでもいいです。

みんなが楽しいようにやってください。


こう突き放すのは、あまりにも不憫なんで、僕だったら足を運んでみたい企画を書いときます。


その一、「ガチンコマージャンクラブ

  どっかで聞いたことあるような無いようなネーミングかつ、こいつ等は何がしたいんだろうって感じがcoolです。

  格闘技なのか麻雀をやるのか、それともそれらの融合なのか気になりますね。


その二、「世界の終りとハードボイルド・マージャンランド

  企画名の字数制限を無視した感じ、どっかで聞いたことのあるような小説名、これこそ何をするんだろう、

  こいつ等は何をしたいんだろうと、気になってしょうがない企画。

  村上春樹を熟読している文学少女・少年(例えばの話)がわんさかやってきそうな感じ。

  この企画自体がメタ構造になっていて・・・・例えば人間性を取り戻すような企画だったら・・・・

  2、3年生の皆さんは、この夏、ラカンやら構造主義やらをしっかり勉強しないといけないね。

  なんなら、「ハードディスク・ワンダーランド」でも・・・・


<今日の一曲>

 昔、BSでやっていた「黄金の洋楽ライブ」で知ったバンド、「THE WHO」

 ライブ映像やインタビューをDVDに焼いて何度も何度も暇があったら見てました。



 赤ちゃんがプカプカしているCDをジャケ買いして、はまりました。


 
 せっかくなんで本家の「世界の終わりと~」でほんの少しふれられたバンドを紹介。

時代を感じます。「Jouney」とかもそのころですね。

 80年代の車に乗って、いつかこの頃の曲をかけ流して走ってみたいです。

 
  
  
 










スポンサーサイト

悲しませてはいけない。

こんちゃ。

サブカル研のご意見番にして、暇な時にはブログを更新しまくる元会長(老害)です。

さてさて、今回はモザイク画像についてです。

モック君、貴重な時間を割いてわざわざ更新しているんだから、こんな検閲なんかに負けてはいけない。

載せるべきか、載せないないべきか・・・・で、非常に迷うところですが、

せめて、せめて・・・茶化すぐらいのユーモアと余裕を見せつけてやってくれ。

俺だったら、迷わずこうする。




続きが、気になったら画像をクリックしてね~

名称未設定




と、このように、リンクを張ることによってブログを観に来てくれた人を悲しませない。

結論、モザイク画像だけだとものすごく悲しませてしまう。

    というか、モザイク画像だけでは卑怯だ。

    その作品に対して糞失礼ではあるが(モザイク処理するので)、

    せめて、ブログを観てくれた人に少しでも楽しんでもらおうと一工夫するのが、サブカル研流。



<今日も活動やります。>

 はっ、思い出した。

 また、くだらんことに時間を割いてしまった・・・本当は今日の活動のことを書こうと思ったのに・・・悔しい。  

HI3E0283.jpg
 
 こーゆー看板を持って、平砂供用棟前にいます。 興味があったらぜひ来てください。

 サブカル研創立2周年記念博物館に寄贈された看板です。

 ドリルを使ったときの当て板代わりに使ってしまったのでもうボロいwww

 集合場所は平砂供用棟2階のラウンジあたりです。

 6時26分ぐらいから、活動してますんでよろしく。

<今日の一曲>

  
    

明日は秋葉原に行くらしいです。

サークルの情けない状況を耳にして、いてもたってもいられなくなって久しぶりの更新です!

代が変わってからのていたらくぶりには、目も当てられません。

新歓活動をするときはあれほど、狼煙を上げろと言ってきたのに、

昨日久しぶりに顔を出してみれば、オオカミの糞が手に入らないとかで今年はナシですみたいな、空気・・・

ここ2年間は狼煙のおかげで会員数を増やしてきたのに、せっかくのチャンスを自らの怠惰で握りつぶしてしまうなんて・・・

来週こそは狼煙で・・・というのは、冗談ですが毎週毎週元気にやっていますよ。




話は急激に変わりますが、明日は秋葉原界隈をフラフラするらしいですよ。

一緒にフラっとしたい方は、明日4月29日につくば駅の改札口あたりに10:00に来てください。

ありったけの金をかき集め捜し物を探しに行くのさ~」みたいなあの頃のノリで、「♪ズンチャ!♪ズンチャ! ♪ズンチャ!♪ズンチャ!」なテンポで、

暑苦しく秋葉原に行ってみたい新入生は是非来てください。

見通しの悪い社会情勢や外国為替、それらの影響を受けやすい僕のお財布が

新入生にいくらまでペイできるのかは明日になってみないとわかりません。 
 

あんまり期待しないでください。 僕も必死こいて毎日を生きているので。

連絡先は、nsk.tsukuba.2009@gmail.com

わからないこと、聞いてみたいこと、僕の好きな色とか、身近な疑問なんでもお聞きください。




<今日の一曲>

 この頃の朝アニメをよく見てたなと、思い出しました。

 ガッシュやおジャ魔女ドレミ・・・

 それから、幾年が経ち僕はまだ朝アニメを見てます。



 

 思わぬ訃報を聞いて久しぶりに聞いてみました。すごく懐かしいです。 

 リアルタイム世代ではないけれど、90~00年代のアニメを見るのが好きです。

 エイトロンも時代に埋もれてしまった名作だと思います。 



ベートベーンとハイドンの違いを、女子高生にわかりやすく説明できる、そんな素敵な大人になりたい。

昨日のファッキン飲み会、お疲れさまでした。

会員との親睦を深めるために12月から月1で行ってきた飲み会も昨日で4回目、

くだらない下ネタや適当なことを言い合ったり、聞きたくないし相談に乗る気もしないノロケ話のオンパレード。

ほんと、みんさん下世話な話がお好きだこと。

まぁ、僕はといえば、普段通り紳士然に振る舞い、

場の空気を読みながら適当な相槌を打ち、帰り際お店の人に軽く会釈をして帰りましたよ。


しかし、今回の飲み会では今まで臭い物に蓋をするかのように避けられていた話題・・・来年度の人事案がまとまりましたよ!

       会長職: 現職トップで再当選です。今回も八百長、贈賄等なく決まりました。

       飲み会担当大臣: m君・・・ぜひ、サークルを盛り上げてください。

       自宅防衛大臣: O君・・・国家(自宅)防衛の最前線を担う重要な役割。 
                      働いてはいけないとは言ってないよ。 そのキャラクターが大事なんだと思う。

       外務大臣:  i君とs君・・・がんばってください。 年に2回ほど”ビッグボス”を訪問せねばなりません

       ツイッター大臣: n君・・・彼にだけ役職を与えないのは余りにもかわいそうなので・・・ツイッター大臣ということで。

       みゆきち大臣(仮): h君・・・飲み会におらんかったから役職を与えるの忘れてたよ・・・
                         何かやりたいことがあれば、なんなりと言ってください。
                    


そんなこんなで、サブカル研が新体制を築くための大きな一歩を踏み出しました。  わーい!






春休みじゃので、クラシックを聴いてます。(春休みでなくてもいいんけどね)

僕のような若造がクラシックを聴くというと、どうぜ女の子にもてたいんだろと、勘ぐられてしまう。

なかなかいい線をいってはいるが、甘い。

僕は女子高生にもてたい。

だから、ただクラシックを聴くというだけでは、全然だめなんだ。

そこで、ロマン派として知られるベートーベン、古典派で知られるハイドンの楽曲を中心に聴いている。

その頃、音楽というものは、貴族のためにあった。 そして、音楽家の身分は召使と同等のものだった。

ベートーベンは召使と同等の身分を嫌い、音楽家の地位向上を目指した。

ハイドンはただただひたすら、自分の音楽を作り続けた、自分の地位を気にすることなく。

この二人の性格の違いが楽曲にもたらす影響を図書館にいって調べたり、実際に聴き比べてみたりと、

この春休みは僕なりに忙しいのです。


そうは言っても、「ごっつええ感じ」を観てますwww

生言ってすみませんでした。 

彼らの違いを一カ月そこらで理解しようなんて、甘かったっす。





このころのコント番組がおもしろい!!

<今日の一曲>

世の中にはいろんな音楽が溢れていて、僕は毎日を退屈な思いをせずにやり過ごせます。





二つ聴き比べてみるとわかると思います。

この二つの曲は、同じコード進行なんですよね。

「JUST THE TWO OF US」は割と知られていない名曲です。 

いい曲っすね~ 都会っぽさを感じますよね。

独り者でガキのおいらにはなかなか共感しずらい歌詞ですが・・




メロン号が出品されてるよ!

どもども、テストが終わったばかりの会長です。

いやぁーこの開放感はすばらしいものですね。知り合いという知り合いにおごってやっても、いいぐらい。

テストの重圧ほど、つらいものはありませんよ、まったく。

今日を含めた一週間は、セガール祭なんで、ネットサーフィンなんかしてる場合じゃないんですけど、

先生と合わなくてはいけないみたいなので・・・セガール祭に参加できやせん。

それと、ヤフオク見てたら車関係無料出品キャンペーンみたいで、懐かしのメロン号を発見しました。
 
懐古厨の俺にとっては胸が熱いです・・・20年もたった車なのにまだ現役バリバリで走っているなんて・・・素敵!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。