Rey/Rook

あー、テステス。テステス。  by Rook

こんにちは。


お久しぶりです。
いやぁ、本当にお久しぶりでございます。



Rookです!



前回更新したのが、昨年の5月5日。実に9ヶ月ぶりの更新です。

そういうのも、全ては研究室やら何やらでバタバタしていたのがすべての原因。

実に大変でしたが、まあ楽しくも有り、有意義な9ヶ月ではありました。

ただサークルにも余り参加できず、協力もできなかったことに関しては、申し訳なく思っております。


会員諸君、すまん!


9ヶ月もあればいろいろなことが変わるものですね。

NSKの公式(?)ツイッターアカウントが出来たり、何よりもブログのデザインが変わっているのには驚いた。

ウェブ管理をもう次の世代に任せているので、管理者はとても行動力があるのだと予想。

ただね、ブログの記事の罫線が、背景と同色だから見難いです。罫線を変えるか、背景色を変えるか。どちらかをしたほうが良いかと。

とはいえ、私のコンセプトとはちがった、活動報告雑記、という感じがして非常にGoodです。

おしょうさんお疲れさん。





今月、晴れて卒研が終わりました。

ええ、ええ。そうですとも。大学の4年がいよいよ終わります。

卒研という大きな山にぶち当たりながら改めて思いました。


大学って大変や。


いや、当然のことなんですがね。その当然をこの半年身にしみて感じましたよ。
実験実験、研究研究。

ゆっくりと出来る月なんてなかなかありませんでしたねぇ…

1月なんてなんかもうずっとワードを使っていた気がする…カタカタカタと文章を打ち、先生に真っ赤に添削される毎日でした…



寝る間も惜しんで、土日は大学に向かって、ってやって作成した卒論。

なんで卒論なんてものが有るんだと憎々しげに思ったものです。

卒業だけなら、試験とかでいいじゃないと。

医学部とかそうでしょ?国家試験が卒業試験みたいなものです。

あるいは他の大学とかだと、卒業ゼミなるものをやっておしまい!ってところもあるんだとか。

じゃあ、うちの大学もそうすればいいじゃない!


そんなことを考えていた、1月の初め。私の指導教官である教授と話をしていた時に、しみじみと教授がおっしゃっいました。


「卒論は私が君たちを直接指導できる唯一の機会ですからね。わたしは全身全霊で添削をしますよ。」


あぁ、なるほどな、と思いました。
当然のことながら指導教官はわたしよりも倍以上生きて、さらに知識も何倍も持っているプロです。そのプロが、きっちりと向かい合って指導をしてくれる機会なんて言うのは同じ研究室でもそんなにあることではありません。

だけど卒論添削ならそれができる。

わたしが何を思っているのか。どう考えているのか。どうデータを見ているのか。
それらを追って、そして評価し、手取り足取り指導できるのは卒論という場が一番良いのです。そりゃあまあゼミとかでも指導はできるでしょうが、この場合はおおよそ3ヶ月に渡る長期指導。


その指導が今回の私を成長させてくれたかどうかは別として、あぁ、ありがたいなぁと思いました。

教授には学生を持つ義務はあれど、教育する義務はありません。教育者として私達と同じ目線に立って導いてくれようと考える教授の考え方には感服しました。


そんなことがあったりしてやっと完成した卒論。


完璧なものができたかどうかは置いておいて。
それはもうすごい達成感でした。あぁ、完成したって。


血を吐いてでも卒論書け!なんて冗談も聞きましたけど、いやいや、それは比喩ではありません。


本当です。全力で取り組めば自然とそうなります。


まあ何が言いたいかというとね。


来年、今の3年が同じ目に遭うかと思うと、



もう楽しくて楽しくて!w




ふははははは!震えるがいい!
(゚∀゚)





ところで、今年で大学最後の年!なんて言いましたけど。


わたし、院に残ります。

2年間の延長線です!


いや…挫けそうだけどな。早くも。


なので別段、つくばからいなくなるというわけではないのでご安心を。

(おいやめろ!引っ込めとか言うんじゃない!


少しずつだけどサークルにも顔を出せたらなと思っています。

ブログも更新少しはしたいね。



まあ今日は色々とまとまりのないことを書いてしまいました。

とりあえずは更新するか、という気分で来たのでね。

また日があれば書き込みます。


また会いましょうー。
アデュー

スポンサーサイト

……( ゚д゚)ハッ!    by Rook

本日、お昼ごろにNSKのブログを見ていた時のこと。


おー、昨日も活動あったろうにこの時間に更新するとはやるのぅ、などと感心をしていた私はある項目にふと目が行った。


…(´・ω`・)エッ?

trackback.jpg


なんだこれは!?(;・∀・)



ゴールデンウィークもそろそろ終わりかというこの時期に変なものを見つけてしまったものである。
そもそもこのトラックバックとは何なのか?


説明せねばなるまい!( ´∀`)bグッ!




ウェブログ(ブログ)の機能の一つで、別のウェブログへリンクを張った際に、リンク先の相手に対してリンクを張ったことを通知する仕組みのこと。

ウェブログ作者が別のウェブログの記事を参照して自身のサイトにコメントを掲載するような場合、元の記事へのリンクを張るのが一般的だが、単にリンクしただけでは元の記事の作者はどこからどうリンクされているのか容易に知ることはできない。トラックバックはリンク元サイトに「このような記事からリンクを張った」という情報を通知する仕組みで、リンク元記事のURLやタイトル、内容の要約などが送信される。トラックバックされたサイトはこの情報を元に「この記事を参照している記事一覧」を自動的に生成することができる。

http://e-words.jp/w/E38388E383A9E38383E382AFE38390E38383E382AF.htmlより引用




要するにこのブログを引用、しいてはリンクをされているということである。


それでは

まとめwoネタ速suru:まとめteみた

というのは何なのか?


どうもブログをリアルタイムに携帯電話やスマホ向けの形式でまとめておく、2chのまとめのような形式をもつサイトのようである。

まあ兎にも角にも、このブログがまとめサイトにまとめとしてリンクされているというわけなのだが、気になっていることは実はそんなことではない。





どういう経緯でこのブログをリンクするに至ったのか?(´・ω`・)?




見ての通りこのブログはいわば自由奔放に記事を更新しているだけのブログである。ニュースを更新して、それについての熱い議論を交えているブログならわかる。

だがなぜこのブログを!?





謎が深まるこどもの日のお昼すぎであった…

Why do we fall, sir? by Rey

おはようございます。 Reyです。


なんだかGWも真ん中に入り、いよいよ明日からは四連休ですね。
今週末は何か新歓イベはあるんでしょうか?あるようでしたら早めに連絡くださいね。


そういえば先週の土曜日に秋葉原に新歓イベの一環で行ったらしいですね。秋葉原への新歓イベは毎年この時期に行っているのでNSKの行事と化しているイベントです。

→2011年度
「あの花」の第一話見ました (会長記事)

→2010年度
俺ら東京さ行ぐだ&グラシン紙を強く勧めたい。(会長記事)

さて、土曜日である。 by Rook


今昔の記事を見返すとなかなか懐かしい気持ちに駆られます。
特に今はもう更新回数が370を超えているようです。これは意外に更新が多いほうなのでは?


そして今回も秋葉原旅行にはいけなかったあたし。

いつか一度は付いて行きたい…



さて、GW前半お前は何やってたんだよ、と聞かれそうなので答えておくと、研究室に行っていたのと、サブカル研らしく、バットマンライジングが公開されるということなので、ビギンズとダークナイトを観ていました。

実はあたしはバットマンシリーズはかなり好き。
特に、ビギンズ以降の二作が。

犯罪者を殺さずを新年に仮面の戦士として様々な葛藤と戦っていく姿がなんとも渋い。そして主人公ブルース・ウェインがまたイケメン!


実はブルース・ウェインと一緒にいる執事のアルフレッドが結構好き。かなりいろいろな名言を残しているところを見ると単なるサブキャラではないことは明らか。

特にバットマンビギンズの主人公の家が焼けた時に落ち込むブルースを励ますセリフが印象的でした。


Bruce Wayne: What have I done, Alfred? Everything my family... my father built...
私は何をしてきたのだろうか、アルフレッド。私の家族や父の遺産が…消えていく…。

Alfred Pennyworth: The Wayne legacy is more than bricks and mortar, sir.
ウェイン家の遺産はお屋敷だけではありません、ウェイン様。

Bruce Wayne: I wanted to save Gotham, I failed
私はゴッサムを救いたかった…もう負けだ

Alfred Pennyworth: Why do we fall sir? So we might learn to pick ourselves up
なぜ人は落ちると?それは這い上がるためです。

Bruce Wayne: You still haven't given up on me?
お前はまだ私を見捨てないのか?

Alfred Pennyworth: Never
永久に。






かっこいい!しびれる!うわぁぁぁぁぁぁ!



さて、二週目を見ようか。




Welcome to Tsukuba University. Shall we make your pleasant campus life with us? by Rey

べべべべ、別に更新を面倒臭がってたわけじゃないんだからね!!!




ごきげんよう、Reyです。


久しぶりの更新です。そして更新日かぶってしまってごめん、モック。


そろそろ引退間近な私ですが、最近のブログの記事を見る限り、新歓イベントのお花見についての詳細に誰も触れていないようなので、急遽私がこの更新を以って告知しようと思います。

では。



来る4月13日金曜日、NSKの新歓イベントとしてお花見をとり行います。





参加は無論タダです。持ち物は特にありません。どういう顔ぶれがこのサークルに居るのか、そしてどのようなことをするのか、そういったことをこの花見で掴んでもらえれば、と思います。

先に言っておくと、このサークルはかなり癖があります。この癖を居心地が良いものと感じるか否かで割りと…ゴニョゴニョ


集合場所は、18:00に平砂学生宿舎共用棟前です。
平砂地図


上の赤丸のところですね。




明日の花見は私も顔を出す、『予定』。


これからこまめにサイトの更新があるかと思います。新歓イベントの続報はそちらで追って報告しようと思いますのでそちらで確認してください。

では、明日みなさんとお会いできることを楽しみにしております。

そういえば明後日はTOEICだった   by Rook

TOEIC、院試に必要なんだよね。

Rookです。お久しぶり。


TOEICという試験の存在を知ったのはごく最近。それも三年前とかそんくらい。TOEICの地位は最近になって一気に上がったと思うのだけど、実はそうでもないらしい。


昔、すなわち二十年前とか十年前とかも企業では英語の実力を養成するためにTOEICの受験を義務付けていたようだ。中にはTOEIC800点突破合宿みたいなことを企業でやっていたところもあるらしい。


ということはつまり、我々の偉大な先輩の代も英語を強要されたというわけだが、



正直、


どうでもいいわ! 




めんどくさいことには変わりない。



とりあえずは今回は様子見だろうと思っている。




最近ではTOEICの点数が就職にも必要とかね…

院試にも使うようになったのも最近みたいなのよ…


なんという改悪点…



英語なんて適度にできるようになればいいんでないか…



そう思う1月の終わりです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。