スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の日曜。一週間のカレンダーが月曜始まりの方は先週の日曜。近くのスーパー、カスミから買い物をして帰ってきたときの話である。 by Rook

今日も私の更新である。Reyさん、何度も番を奪ってすまん。

というのも今回はぜひ記事にしておきたい出来事が起きたからなのである。

先週末の日曜日、つまり昨日。金曜日に本新歓を行い、土曜日に大学のレポートをパソコンで打って悪戦苦闘していたら夜が明け、そして仮眠を取って、ふと買い物に行かねばと思い、近所のスーパーカスミに行ったときのことである。


まず、セリアに行った。そして、ほしかった物を数点買い、次にカスミに行って買い物。

そんなことはどうでもいい。

問題は、カスミに行って、帰ってきたときの話。



筑波大学の学生宿舎は、静脈認証システムっていういわゆるパスワードを打たないと中に入れないよっていうシステムを取り入れている。

必要とされるのは、idとパスワードの二種類。


で、今日帰ってきたとき、私はその二つを打ち込んで中に入ろうとした。そしたらさ、



『アクセスできませんでした!!』


だと。


あれってさ、なんか多分さ、『アクセスできませんでした!!』の後に『プギャー(笑)』って入っていると思うんだけど、それは私だけだろうか?


それはさておき。


で、何回か入れなおしてみたんだけれども入れない。

『あれ?なんか不具合でも起きたのだろうか?』と思った私。


でそんときに夜桜さんにメール送信。

『寮から締め出されたっていう…。』


送信しながら、ふと周りを見回すと、非常口があいているのに気がついた。

ラッキー!ということで中に侵入。


で、部屋の前に来て鍵を差し込み、開けた。

そこで気づく。



『あれ?鍵が開いてる!?』 







とりあえずかなりびくっとする。
そして、扉を開くとすぐにタバコ臭が!!


思い切って扉を押しこんでみる。すると、そこからできた隙間から、見たこともない男が顔をのぞかせた!!




驚いた。マジで。冗談抜きに。




だけれどもね。







相手の男性は、私以上に驚いていたと思うんだ。





なぜ?




わかりきったことを聞くなや。














私が、部屋を間違えていたからさ!!







ぷっ。







ぷぷっ。






ぶははははははははははははあっははははははははははははははははははははあはあはっはアハハハハはははははっ!









           ☆      ☆ 
          
          ☆       ☆            ☆     
                       ☆   ☆ 
                            ★


       ∧_,,∧   この帰省が終わったら、俺、大学行くんすよ
      (,,    )
       (    )
       し―J
     ~"''"""゛"゛""''・、
 ""゛""''""""゛゛""''' "j'
 :::::ヘ :::::....ヽ :::;;;ノ  ::( 
 ::  ゝ  :::::......ノ:;;../  









間違いない。私は、自分の寮の棟を間違えていた。
いくら部屋番号が同じだろうが、棟を間違えていたら、その部屋が自分の部屋であるはずがない。
いくらパスワードがあっていようが、棟を間違えていたら、認証されるはずがない。




あの時の鉢合わせしたような、気まずさは何とも形容しがたい。

とくに相手の男性の顔は、もう驚き一色であった。まるで借金取りでも来たかのようなあの顔は、本当に申し訳なさでいっぱいになる。



だが、そこで気のきいたことも言えない私は、

『あっ!!間違えましたっ!!』



と言い放ち、頭を抱え、一目散に逃走!


ああ、羞恥心。







もっかい、実家に帰省しようかな…。




信じていただけないかもしれないが、本当にあった話である。


大事なことなので二回言う。


これは本当にあった話である。






↓……私から言うことは、何もない。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。