スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔のパソコンは、実に不便であった。たとえば、パソコンを初期設定するのに、一日要しても足りないほど、その使用は困難であった。そして、初期設定が終わっても、そのあとパソコン本体でやることが多すぎるため、挫折する者が多く出たものである。 by Rey

そんな感じの気分を、この数日間味わいつくしていた。


今日はこう切り込んでみる。




まだ本題にも入っていないのに、その前準備で恐ろしいほどの挫折感を味わうことは、そう少ないことではないけれども、ここ数日はひどい。



というもの、今日、中間試験があった。


その名を、『電子回路』。




何だが、仰々しい名前だが、恐ろしくこんがらがる内容で、先週末の土日は、このために完全に無為な時間を過ごしてしまった。


だが、特筆するべきであろうことは、今回の試験範囲が、『電気回路』であったことであろう。





つまり、私が学ぼうとしていることに入ってさえいない内容の試験であったのだ。


だがしかし、それが恐ろしく理解しがたい。


なんだこれは。



私は、電子回路を学ぶことができるのだろうか。





一抹の不安がよぎる。






そして、その不安をぶつけるように、私は今日、レストランに行って、結構有名な、『ジャンチキ』っていうのを食べてきたのだが、










見事なブーメラン。 






見事に机に突っ伏した。




私の目の前に座っていた、夜桜は、何食わぬ顔で完食していく。





なんだ、これは。 




だから、今日の私は、すでにHPが限界である。


明日までにレポート完成させねばならぬのに、こんな状態に陥ってしまった。








何故こんなことになったのか責任者に問いただす必要がある。責任者はどこか。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。