スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月の始めに、サークルで旅行に行ってきたのだが。 その1 by Rook

暑い。


今日はRookがお送りする。



諸君のお時間をいただきたい。









さて、今夏季休業中に、NSKは初めて県外進出した。


まともな活動らしい活動、その2といったところか。



今回、われわれは愛知と三重に進出した。




目的は『お伊勢参り』。



なぜ?





それは誰にもわからない。



気が付いていたら、伊勢が目的地になっていたとしか言いようがない。



旅行期間は8/2~8/5までの二泊四日。


いわゆる、一泊車中泊というやつである。




というわけで、今回は何回かに分けて、今回、われわれがどんな旅行をしてきたのか、ご覧頂きたい。



お時間をおかけする。






さて、八月二日。


この日、夜9時半に私は、東京駅丸の内改札口に集合していた。



むしむしと暑い中、背中に汗をかきながら、重い荷物を持って、改札口に立っていた。
むろん、他の今回出発したメンバーも、すでに集まっていたことを特筆しておく。
この時間が会長が、会員たちに連絡した、今日の集合時間だったのだ。




ああ。





電車の出発時刻は、夜11時10分だったけど何か? 





出発時間、2時間前を集合時間に指定した意図を会長に訊きたい。


あまりの集合時間の早さに出発前からダレたのは私だけではないはずである。


まぁ、久々に顔を見たので、話がはずんだからプラマイゼロといったところだろうか。




だけれども、手持無沙汰だったので、NSKの団体は列を為して夜の東京へ。


何かないか。時間がつぶせないかとぐるぐると回っていると、余計に汗をかき、時間も時間で、すでに東京は夜の町と化す始末。


なんもすることがなかったことだけは書いておこう。





で、11時。やっとムーンライトながらが到着。




CIMG0528.jpg



こんなんね。



結構見たことがあるような形の列車。


東京発、大垣行。

CIMG0529.jpg







中は写真は撮らなかったけれども、普通よ。
寝台列車とかじゃなくて、普通の特急列車みたいな感じ。




で、就寝。





私は寝てたからわからなかったけれど、結構寝にくかったらしくて、みんな眠い眠い言ってた。




このムーンライトながらは普通片道、6000円ぐらいかかるんだけれど、青春18きっぷを使ったので2000円くらいですんだので、もうほくほく顔ですわよ。







で、いろいろ時間つぶしの道具を持ってきていたのだが、すぐに寝てしまったので何の役にも立たず。



気が付いたら、朝5時40分。



名古屋にいた。







今回は、一番調べていたのは、会長だったので、会長が道案内。





彼に連れられるままに、今度は近鉄名古屋線へ。








そのまま、伊勢へ向かいます。




乗ったのは、6時50分ごろ出発の『伊勢中川行き』の快速。




ここから鈍行地獄。



なんと2時間以上もかかる。とりあえず寝ることしかやることがないので会員たちは寝る。




で、目が覚めた。





CIMG0532.jpg








どこだ。ここは。 




とりあえず、伊勢駅ではないことだけはわかったので、事態が深刻になる前に駅に降りることにした。



ここはどこだ。


教えよう。



CIMG0531.jpg


ここだ。 



どこだ。(-"-) 




榊原温泉口近辺に住んでいてこのブログを読んでくださっている方。

おはようございます。毎度おなじみ、NSKでございます。 






まず、駅員に訊かねばならぬと、私が訊きに行くと、駅員さんが丁寧に教えてくれた。



とりあえず、十数分後に出発する電車に乗ればいいらしい。




その間に、今回の失敗の考察をする。



rosenzu.gif
引用:http://www.kintetsu.co.jp/railway/Dia/jiokurosenzu/index.html



私たちの目的地が、伊勢市。山田線のとこに書いてある駅である。


で、今回乗った電車の終着駅が、伊勢中川。



ああ。なるほど。


どうやら、私たちが乗った電車は伊勢中川に着いた途端に、近鉄大阪線に切り替わってしまったらしい。


だから、榊原温泉に着いてしまったようだ。








…………。








もっと調べとくべきだった。っていう反省でいいよね?? (-"-) 



ごめんよ、新入生諸君。こんなふがいない先輩たちで。m(_ _)m







で、優しい駅員さんのおかげで、紆余曲折を経てわれわれはやっと伊勢市駅に上陸(?)したのであった。



CIMG0533.jpg






あ。









これ、次回に続きますよ。 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。