スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好みの女性のタイプ・・・そうだな・・・・・・ToLOVEるで例えると美柑かな・・・・・・

こんばんは、おしょうです。

前回のあらすじ

ヴァンガードが全世界的に流行の兆しを見せてから早一ヶ月、決闘者《デュエリスト》が跳梁跋扈する戦場に乗り出した一人の尖兵《ルーキー》がいた・・・その名をおしょうという。

さて、前回の記事でヴァンガードのオフィシャルカードゲーム(以下OCG)を手にする手段は現時点では存在しないと書きましたが、僕の情報検索能力をフル稼働させたところ、たったひとつだけ入手する方法がありました。

なんとケロケロエース三月号に特別付録としてOCGのハーフデッキが付いてくる!でもお高いんでしょう?いえいえ、お値段は破格の580円!まあ!その上、今ならハーフデッキをもう一つ追加してお値段据え置き580円!これはお得ですね!しかも豪華作者陣による爆笑必至のマンガ付き!どちらが本体だか分かりませんね!

早速買いに行きました。興奮のあまりアクセルを踏む足が震えます。手に汗握りつつもハンドルを切ります。

我が家のすぐ裏のコンビニに置いてあるだろうと高を括っていたのですが、ありませんでした。もう一軒寄ってもなし。三軒目にしてようやく見つけました。気分はさながらミャンマー奥地赤い密林縦走3000kmで伝説の野人ナトゥーを発見した藤岡弘探検隊のようでした。

少年誌を買う大学生というのも結構小っ恥ずかしいものだったので、「入院中の小学生の弟におみやげを買っていく兄弟思いの兄貴」という脳内裏設定でレジを駆け抜けます。店員さんもどこか暖かな目をしていました。

以下、画像が多いので続きを読むをクリックしてください。
IMG_0065.jpg

早速帰宅して感動のご対面。


IMG_0067.jpg

横から見た図。半分弱ほどの厚さを誇るヴァンガード層に気合の入り様を感じます。


IMG_0070.jpg

下層部を開けます。ビニールパックされたドラゴンさんのお出ましです。


IMG_0071.jpg

更にビニールを開封し並べてみました。右上の簡易ルールテキストやフィールドマットも二対ずつ同梱されています。もうこれだけで遊べるようです。


IMG_0074.jpg


カード一覧50枚セット。一枚一枚が厚めで質感も良いです。これならば拳銃の撃鉄も抑えらそうです。


IMG_0076.jpg

IMG_0077.jpg

上がロイヤルパラディンデッキ、下がかげろうデッキとなっています。アニメでは主人公の先導アイチくん(総受け)がロイヤルパラディン、ツンデレライバルの櫂トシキくんがかげろうを使っていました。
どれもイラストがきれいで既存のカードゲームにはない爽やかな世界観を構築しています。おや・・・


IMG_0078.jpg

か、かわいい・・・


IMG_0079.jpg

僕のトランペットも吹いて欲しいですね。


IMG_0081.jpg

さて、それでは早速ヴァンガードファイトスタートと行きますか。相手は闇おしょうさんです。


IMG_0086.jpg

以上、イメージはできましたでしょうか。プレイした感覚としては、基本ルールは単純にして明快。アニメで見た感じそのままでファイト出来ます。それでいて手札消費の駆け引きや攻撃時の読みなど奥が深く入念に計算しないと勝てないような絶妙なバランスになっています。

ただ、初めてのOCGということもあって同じカードが複数枚あり、能力のないカード(バニラカード)も多めというのが気になりました。

しかしそれを補って余りある価格設定と品質でした。ヴァンガディアンなら購入して損はないと思います。

これでレビューを終わります。少しでも多くの人にヴァンガードに興味を持ってもらえたら幸いです。また来週お会いしましょう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。