スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメと僕と世界の小さな接点 作おしょう

このあいだ大学に行ったらなんか教室全体が色めき立ってるの。「眠い」「寝てない」「最後がよくわからんかった」「ほむほむぺろぺろ」そんな声がそこかしこから聞こえてくる。そう言えば昨日、いや日付的には今日はまどかマギカの最終回だったか。体感的には誇張なしに教室人口の30%くらいが眠そうな顔で感想発表会開いてやがる、局所的な社会現象と言ってもいい。でも君ら魔法少女だよ冷静になってタイトル音読してみろよ親の前で胸張って魔法少女まどか☆マギカ面白いですって言えるかい?これだからオタクは嫌われちゃうんだよTPOをわきまえろよ。そんな俺の声にならない叫びは届かない。聞く耳持たないゼイハブノーイヤートゥーヒアー。そもそも俺自身がまだ最終回見てないからネタバレだけは勘弁。レバーの甘辛煮の次くらいにネタバレは嫌いなんだよあーあー聞こえない。俺の流儀としては睡魔と戦ってまでアニメを見るわけにはいかないんだよね。コンディションを万全に整えて畳の上で正座して見るのが製作者様一同に対する礼儀だから。そんなわけで世間の声をシャットアウトしつつ帰宅して待ちに待った待望の11話12話を横になって見る。そういや地震なんてものもあったなあとか色々なことを思いつつ見終わる。ああこりゃ他人と感想考察を語り合いたくなるのも納得だわ。毒づいてごめんねみんな。俺が過去をなんどでもやり直せるのなら俺自身をぶん殴りたいよ。ほんとごめん。ほむほむぺろぺろ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。