スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「コクリコ坂から」見てきました。

どうも、お久しぶりです。

ブログの更新は停滞気味ですが、活動のほうはちゃんとやっていますよ!

先週の金曜日に、M氏と映画を見てきました。

相変わらずのガラガラっぷりで、映画館を貸し切ったかのように鑑賞することができました。

映画の内容も良かった。

特に時代背景がぼくの好きな頃とちょうど重なっているのと、オート三輪が坂道を下ってカーブに差し掛かった時

の挙動をよく表現できていたのがgoodでしたね!

映画に出てきた高校生は誰も皆、エネルギッシュ。 

作品の時代設定は1963年。

この数年後には彼らきっと進学していれば大学生になっているはず。

そして、新左翼運動が活発になって、

日本中を脅かした浅間山荘事件や東大のバリ封に至るような学生が出現するんですよ。

何たる偶然! もしかしたら、「コクリコ坂から」に登場した高校生の中にも

全共闘運動に参加する奴がいるんじゃないかなと思うと、胸が熱いぜ!
レッド(1) (イブニングKCDX)レッド(1) (イブニングKCDX)
(2007/09/21)
山本 直樹

商品詳細を見る



69 sixty nine (文春文庫)69 sixty nine (文春文庫)
(2007/08)
村上 龍

商品詳細を見る



最近、料理を作ることにはまっています。

あまりにも金がないのと、時間を持て余しているので、自炊にはまってしまった訳です。

なかでも、キャシィ塚本先生のお料理講座がお気に入りです。



<今日の一曲>
 1960年代から1970年代にかけて忘れてわならんアーティスト。

 それが、アイアンバタフライ。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。