スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ by ROOK

おはようございます。
相変わらず、更新の穴埋め役と化しているRookです。
え?更新早くないかって?
すいませんね。今日、Reyが忙しいからって、私が引き受けましたけど、私も結構忙しいことに気がつきまして。だからこんな早い更新なわけです。


さて、この活動雑記も、穴はあるものの、ほとんど毎日、この三週間近く、更新が続いていることに、正直、NSKのサイトを管理している私も驚いている次第であります。

「ほほぉう。がんばってるじゃないか」って。

先週あたりからちらほらと更新が途切れるんじゃないかと思っていたんですが、そんな三単連予想は外れ、いままでよう続いているわけであります。

過去の記事を見ると、話題も結構、考えられているのに驚かされています。

いつも、顔を合わせている時のあの暴走っぷリはいったいどこへ?(一部、暴走しているとこもありますが。)

特に、おとといの、ジョン・タイターは久々に名前を聞いて、懐かしく思ったり。彼の理論って、映画バックトゥザフューチャーとは違う理屈なんでしたよね?
この映画がきっかけで、相対性理論の本を手に取ったことが懐かしく思い出されましたね。


昨日の、更新は吹かせていただきました。
あぁ。なんか、いつもと比べると、ふわふわした生活をしているなぁと思っていた会長が、そんな危機に陥っていたとは!まあ、助けを求められても、助けることはできませんが!!

そんなこんなで、続くブログですが、少し気になった点もありました。


『あっれ?このブログ、その日のイベントとかに全く触れてない!』
っていうのは、節分とか、バレンタインデーとかを言っているわけですけれども。
えっ?会長が、バレンタインデーのことに触れたじゃないかって?
あれは、ちょっと……。おそm、ゲホンゲホン。


ですから、それに乗じて、今日は節分についての話をしてみたいと思います。
え?とっくに過ぎているじゃないかって?
気にしない。


みなさん、鬼ってどういうイメージをお持ち?
巨大な体で、角があって、こん棒を持っていて、牙があり、鬼のパンツをはいている。
みなさん、どんな鬼であれ、ベースがこんな印象なのではないでしょうか?

ですけど、中国で鬼と指すと、実は、『幽霊・お化け』と思われるんです。

っていうのは、たとえば、中国では『鮪』と書くと、『チョウザメ(だったと思う)』を意味するのと同じニュアンスでして、昔の人は、中国の書物を見て、知らない漢字がでてきたときに、その文章から想像されるものをその漢字にあてはめちゃったものだからこういったニュアンスの違いが生じてくるわけです。(『日本人が知らない日本語』より参照)

この『鬼』っていうのも同じ。
文章を読んでたら、なんだか変な漢字が出てきた。だけど、これは何だ?かなり怖いものらしい。じゃあ、オニっていうことで。

という感じですね。

これが、転じて、昔は鬼という文字は、総じて不吉なもの、恐ろしいもの、あるいはよくないものとして、広まるようになったわけです。
たとえば、餓鬼とかそういう言葉にあてられていますよね。


そういった言葉を日常、私たちは使う場面は少ないでしょう。ですが、私たちの生活において、結構、密接にかかわっている鬼を使った言葉が存在するのをご存じ?


ええ。『鬼門』という言葉ですね。

この言葉は、たしか中国の古代書物書物だかでしたか?そこにある、天門、人門、鬼門、風門から来ているんですけれども、その方角は、鬼門が北東ですよね。

この方角に玄関を置くのはよくない。鬼門から、よくないものが流れてくるって、聞きません?

まあ、もっとも、こういう話が語られているのは日本だけです。中国とかに行けば、『そうなの?』と聞き返されてしまうのでご注意。

ですが、昔は鬼門という方角はかなり、慎重に扱われていました。

あなたの住んでいる県は県庁所在地から北東に、有名な寺とかがありませんか?

それは、その土地に領を持っていた、戦国大名が、鬼門の不吉をふさぐために北東に、お寺を建てたからです。この話、結構、外れてないと思いますよ。




で、その北東。十二支で言うと、なんていうかご存じ?

そう、丑寅の方角ですね。

もうわかりました?


その通りです。だから、鬼の様相は、牛の角を持ち、虎の牙と、虎柄のパンツをはいているんです。

この手の話は、もともといろいろな話があるので、これが正しいということはできませんが、結構、理屈が通っていると思っています。間違いとかがあったらごめんなさいね。


節分になんで豆をまくのか?などという話は、また今度ということにしましょう。


今日の更新はこんなとこでしょうか。


では、また、よろしくどうぞ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。