スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大局将棋に見るチートキャラ

大局将棋(たいきょくしょうぎ)は最も多い駒数と盤面を持つ将棋であり、ボードゲーム(盤上遊戯)の一種である。
──Wikipedia

tumblr_ldz2u9W21Z1qc8y8no1_500.jpg


こんばんは、おしょうです。

大局将棋とは、駒の数804枚(通常の20倍)、マス目36×36(通常の14倍)、駒の種類209(通常の26倍)、対局時間30時間程度(通常の30倍)をほこる将棋の一ルールです。ほんとうに。

ここまで駒が多いと並外れた能力を持つチート駒もいる。そんな荒くれ者どもを紹介します。

 獅子
┌─┬─┬─┬─┬─┐
│②│②│②│②│②│
├─┼─┼─┼─┼─┤
│②│①│①│①│②│
├─┼─┼─┼─┼─┤
│②│①│▲│①│②│
├─┼─┼─┼─┼─┤
│②│①│①│①│②│
├─┼─┼─┼─┼─┤
│②│②│②│②│②│
└─┴─┴─┴─┴─┘

①に1目進み、元いたマス目か隣接する②又は①に行ける。行かなくてもよい。
すなわち、1手で王将の動きが2回までできる。

または②まで飛び越えて行く。

二回攻撃!いきなりこんなの!はやぶさのけん標準装備かよ!不意打ち又佐かよ!ヒットアンドアウェイしてたら基本的に取られんだろ!しかも私はまだ変身を残している!この意味がわかりますか?




 奮迅
┌─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┐
│○│  │  │○│  │  │○│
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│  │②│②│②│②│②│  │
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│  │②│①│①│①│②│  │
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│○│②│①│▲│①│②│○│
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│  │②│①│①│①│②│  │
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│  │②│②│②│②│②│  │
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│○│  │  │○│  │  │○│
└─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┘

獅子の動きに加え、全ての方向に3マスまで動くことも出来る。このとき飛び越えては行けない

獅子が成った姿、奮迅!獅子奮迅!ただでさえ最強と名高い獅子の完全体!初めてですよ!ここまで私をコケにしたおバカさん達は!




つぎはこいつ
 大将
┌─┬─┬─┬─┬─┐
│★│  │★│  │★│
├─┼─┼─┼─┼─┤
│  │★│★│★│  │
├─┼─┼─┼─┼─┤
│★│★│▲│★│★│
├─┼─┼─┼─┼─┤
│  │★│★│★│  │
├─┼─┼─┼─┼─┤
│★│  │★│  │★│
└─┴─┴─┴─┴─┘

全方向に何マスでも動け、玉将・太子・大将以外の駒なら何個でも飛び越えて、その越えた駒の全てを一度に捕獲することも出来る。

無限に動けて通過した敵を一掃!よっ大将!地上にいる歩兵に対してヘリから機関銃を一斉掃射!ホント戦争は地獄だぜ的なトリガーハッピー!




こんどはこれ
 火鬼
┌─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┐
│○│  │  │○│  │  │○│
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│  │○│  │○│  │○│  │
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│  │  │火│火│火│  │  │
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│○│○│火│▲│火│○│○│
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│  │  │火│火│火│  │  │
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│  │○│  │○│  │○│  │
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│○│  │  │○│  │  │○│
└─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┘

縦と斜めに何マスでも進める。この時飛び越えては行けない。
移動して止まった所の周囲8マスに敵の駒があれば、全て取ることができる(焼く)。また、敵の駒が火鬼の隣に移動してきたときも、その駒は焼かれてしまう。

                                            イフリート・フレア
MAP兵器きた!第一の能力!範囲内の敵を全て焼きつくす!名付けて《紅蓮の業火》!
                                   リバース・オブ・フェーニクス
第二の能力!自らに寄ってきた敵を自動で迎撃する!《飛んで火に入る夏の虫》!




摩訶大大将棋とやらにはこんなのもいる。
 自在天王
┌─┬─┬─┬─┬─┐
│∞│∞│∞│∞│∞│
├─┼─┼─┼─┼─┤
│∞│∞│∞│∞│∞│
├─┼─┼─┼─┼─┤
│∞│∞│▲│∞│∞│
├─┼─┼─┼─┼─┤
│∞│∞│∞│∞│∞│
├─┼─┼─┼─┼─┤
│∞│∞│∞│∞│∞│
└─┴─┴─┴─┴─┘

極めて特殊な動きであり、次のいずれかのマスへならば盤上のどこでも行ってよい。駒をいくらでも飛び越えても構わない。

 * 敵の駒も味方の駒もいないマス。
 * 敵の駒がいて、他の敵の駒が効いていないマス。

ワープて!歩兵はせっせと歩いてるのにワープて!しかも相手の駒がいるところにワープして内部から爆散できる!*いしのなかにいる*


とまあキャラが増えすぎるとインフレを起こすというのは、どの創作物でも共通なのでした。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。