スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついったーアカウントができてからブログ更新が滞ってる気が

どうも、モックです。


絶望先生がマガジンで最終回を迎えましたね

単行本派のぼくはこれから二ヶ月全力でネタバレから目を反らし続ける所存であります。がんばる。

そういえば「じょしらく」もアニメ化するらしく、これで久米田康治はアニメ化3作品目ですか。前は散々アニメ化されないと

ネタにしていましたが、ここまで来るともう中堅より上のレベルの作家になったんじゃないでしょうか。・・・どうかな。


次回作はどんな感じで来るんでしょう、改蔵絶望と似たような作風できたし原点回帰ということで南国のような下ネタマンガを・・・。

絶望先生の終盤下ネタわりとあったしそれもいいんじゃ。それか爽やか青春スポーツもの。久米田先生のサッカーマンガ読みたいなー。

まあなんだかんだ言ってこれまでの作風を引き継ぐんだろうなって気がしますが楽しみです。





ちょっとゲームの話題を。しばらく前にやった「SWANSONG」がすごく面白かったです。

いわゆる終末系だったのですが、大地震により相当数の人が死にライフラインは崩壊,その中で生き残った人々を描いていくお話。

3.11のあとだと必然的にそのことを思い出しますね。実際直後には2ちゃんのスレも伸びてたみたいですし。

極限状態における人間心理の変化やグループ同士の対立、宗教の存在等興味深い題材がかなり綿密に描かれています。

一級品の物語だと思うのでおすすめ。同じライターさんの「キラ☆キラ」とか「黒い部屋」もやりたい。




ほかに「おまえのなつやすみ」とかもプレイしました。

原画長岡建蔵・シナリオ石埜三千穂・音楽さっぽろももこという「さよならを教えて」の制作陣が揃ったこの作品。

まあさよ教とは全く異なるバカゲーなんですけど。

主人公からしてこれ。
omanatu.jpg

はい、どう見ても我らがデビルマン不動明ですね!!


タイトルフォントもどことなく『なるたる』風な感じでグッドです。

00logo.png

Baidu IME_2012-6-14_22-23-9
まあ元ネタはぼくのなつやすみなんですけどね。

そして気になる内容ですが、

「夏休み、家族旅行でハワイに行くと思っていたが実際行くのは両親のみで、取り残された義兄妹が家をハワイと想定し引きこもり生活を送る」

といったなんとも荒唐無稽なものです。そのうち従姉弟がやってきてこの狂った生活に加わったりするんですが、

この従姉弟のほむらさんが素晴らしい。なにが素晴らしいって、つるぺたで意地っ張りでおっとりしてて適応力抜群な

「ぼくのかんがえたさいこうのえろげひろいん」を地でいってるところです。もう一人のヒロインの妹なんていなかった。

あとは百物語と称している怖いような全くそうではないようなお話がストーリー進めていくとたくさん読めます。・・・必要かどうかは置いておいてあれば楽しい。

まともなエンディングもないんで徹頭徹尾そんなかんじですね。長岡建蔵先生の絵は妙な色気があるんですがどうしてもノリがこんななので

あまりエロは期待しないほうがいいかも・・・。発射するときの花火が打ち上がる演出とか、ねえ。

ひゅるるる~~~~、ドーーーーーン!!!とかどう反応したらいいんですかこれ。やっぱり笑うのがいいと思うよ。

でも合う合わないはあるとして値段の割に楽しめるということは本当なんで試しにやってみてもよいかも。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。