スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終末の過ごし方

二ヶ月近くあったはずのニート期間が終わってしまう、のです。

なんのために生まれてなにをして生きるのか、というパンの歌の歌詞が頭をよぎるもすぐどうでもよくなる腐敗した夏休み、

それが終わるのは嫌なので未練がましく夏がタイトルに入る曲でも貼っておきます。


夏 / 倉橋ヨエコ


ジャズ調で女性のドロドロした感情を歌う歌手です。引退しちゃったのが残念・・・。




夏はマシンガン / 進藤さつき(吉住梢)


「みずいろ」のキャラソン。カッコイイです。ねこねこソフトは「銀色」しかやったことなし。



「夏です」と1回言った / たま


オリジナルアルバムとしては最後となる『東京フルーツ』収録曲。ライブではその結構前から演ってたようです。



面倒になったのでやめる!音楽史とかマンガ史とかもっと知らないといけない気がする・・・。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。