スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私はいままで数多くのオンドゥル語を聞き、なんとか日本語として理解しようと試みてきたが、「ムッコロス」だけはどう好意的解釈をしても「ムッコロス」にしか聞こえない。

私はちゃんとReyさんの下の名前は読めます。夜桜です。どうも。


とりあえず、今さっき自分の番だということを思い出したのでなんの準備もなくそしてなんのネタもなく(これはいつも通りか)書いてます。マジでやばいです。ブログ最短記録更新しそうです。






とりあえず必死でネタを浮かべるとうちの大学の長期休みについてですかね。






筑波大生以外の大学生の方がこのブログをご覧になると違和感を覚えますように、普通の大学は、今から大体一か月ほど前に期末試験があり、現在はほとんど春休み真っ最中というまさに「わが世の春が来た!!!」状態なのですが、われわれ筑波大生は三学期制のカリキュラムにより、何故か春休みが一か月そのまま消失するという悲しみのあまり無想転生でも会得できそうな状態にあります。



最近、高校時代の友人から「遊ぼうぜ」的なメールが来るんですが、そのメールに「まだ春休み入ってねーよww」 「なんだそれwwwアホかwwwww」「全くだwwありえんよなwww」みたいなやりとりをする度に夜桜は深い悲しみに包まれてます。これはひどい。

あぁちなみにだからといって夏休みが長いとか、冬休みが長いとかは全くありません。他の大学よりそのまま一カ月分休みが少ないんです。どういうことなのコレ…






むしろ、他の大学に行った友達と交流するのが余計困難だったりします。その理由は夏休みが一か月早く始まり、一か月早く終わること。



まず最初の一か月はまだ他の大学は授業の真っ最中で、当然遊ぶこともできず、後半やっと夏休みが被ると思ったらその友達が夏休みの最初に補習などで地元に帰らなかったりしたら予定が合わず、結局夏休みは孤独にすごすこととなります。これも相当ひどくはないでしょうか。


もしかしたらこれは生徒を引きこもりにしようという学校側の策略…っ!?と疑いたくなるようなカリキュラムです。








とまあ、こんな感じで長期休みが他の大学とはかなり違ったりします。受験しようと思う方は覚悟しておいてください。あれ?もう前期試験やったってことは出願は終わったのか。


じゃあ、筑波受かったと思ってて入る気の人は覚悟してくださいね。


今日はこれ以上話を広げられないので終わります。赤字多いなー。もっと別の色使ってカラフルにすべきですかね。あと次はちゃんと準備して更新しようと思います。それでは。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。