スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今敏監督作品を観よう!

前回のブログ担当では、GONZO作品を広く浅く言葉足らずに紹介してしまいましたが、

懲りずにアニメの話とかです。  

僕自身も中三あたりから、本格的に見るようになって今に至るのですがwww

どうも、最近のアニメにそれほど魅力を感じれない。

いわゆる「萌え文化」に素直に傾倒できない。

時流に乗ってアニメを見るならば、素直にその手の作品を見ればいいのだが、

ストーリー性の無い作品や伏線を張るだけ張ってそのまま終わらせてしまう作品がここ2,3年

数多く放送されていて、リアルタイムで見る気が全くしない。

現在放送されている作品に満足できなくなると、過去の作品群に手を出すのだが、

過去の作品の演出の素晴らしさや、何かに触れたら最後、

今やってるアニメなんか見れたもんじゃないのだ。

最近のアニメにうんざりしている人も多いんじゃないかと・・・

そこで、今日は、タイトル通り今敏監督作品を紹介しようと思います。
 
はっきり言って、好き嫌いが分かれると思います。

一言で言うと、刺激的です。音楽を平沢進氏が手掛けた作品が多いのも特徴です。

「パプリカ」
  筒井康隆原作の映像化  



「妄想代理人」
  OPを見たことがある人も多いのでは? 人間の弱さや情けなさを堪能できます。


他にも「パープェクトブルー」、「千年女優」、「東京ゴッドファーザーズ」があります。

次回作が気になるところですが、今日はこのへんで・・・

  




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。