スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新歓ポスターできたお!

どもども、日世乃です~。

ちみに「どもども」っていうのは、あかべぇそふとつぅの「車輪の国」に出てくるメインヒロインのなっちゃんの口癖ですね。

この作品は自分の中でエロゲーベスト5には入るでしょう。るーすぼーいのシナリオは最高です!最近のアニメとは比べ物にならないくらい素晴らしいですね。悪役の中の人が若本だったのもよかったです。

少し前ですがライターつながりで「G線上の魔王」もなかなかでした。


さて、今回の更新は新歓ポスターの完成を報告したいと思うのです。


ポスターには版権ものはダメということで、NSKのイメージキャラクターで自分が生みの親である”Sたん”をモデルに描いてみました。

今回はなんとなく和服が描いてみたかったので、Sたんに着てもらいましたよ。
新歓ポスター
使用ソフトはSAI

見てわかると思いますが、今回線画は描きませんでしたw

時間なかったのもあるけど単純にめんどかったからですw


でもその代わり背景に力を入れてみました。あの新海誠さんみたいな空が描きたかったのですが、なかなか上手くはいかないですね^^;けど自分的にはがんばった方のなですがどうでしょう?


あ、今回タイトルの出題は無いですが、実は前回の答えはその前と同じ「ブラックホール」です。

超新星爆発というとおそらく大抵の人は「星ができるときに起こるもの」だと思っている人が多いと思います。けれどそれは誤りで、実はその正反対の「星が死ぬときに起こるもの」なんです。

これ、発見した科学者が「星が生まれた時のものだ」と間違えて命名したんです。

まったく迷惑な話ですねw

知っている人も多いと思いますが、星が死ぬ過程を一通り説明すると、
たとえば、太陽みたいな恒星が死ぬ時っていうのは、まず体積がものすごい大きくなります。これによって周囲の星を巻き込んで吸収していき、質量も増していきます。

ちなみに太陽が死ぬ時は地球も溶けてしまうでしょうw

そうして周りの星を巻き込むと、今度はだんだん自分自身の重さによって縮小していきます。このとき、内部ではものすごい圧力が一瞬にしてかかるので、その反動によって超新星爆発が起きるわけです。
最終的に、自身の重力によって押しつぶされてブラックホールになっていく、という感じです。

まぁ今回はそんな感じで

じゃ!ノシ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。