スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリだー!

コミティアから既に一ヶ月経っているなんて俄には信じ難いのですが、近頃の気温上昇っぷりから鑑みるにどうやら日付は毎日着々と進んでいるようです。

このように暖かくなってくると、それまで寒さから身を隠していた生き物たちが意気揚々とお日様の下に出て活動を始めます。今日も生命の息吹を実感するような素敵な出来事がありました。

大学から帰宅し家に入ろうとした僕を出迎えてくれたのは、黒尽くめのお客さんの長蛇の列。みんなきちんと順番を守って整然と並んでいます。いつの間にやら我が家はまるで大手サークルの様相を呈していました。

ずぼらな学生の一人暮らし、当然ゴミ出しも滞りがちになります。その臭いを嗅ぎつけてやってきたのでしょう、小さなアリさんがうじゃうじゃと。恐る恐るドアを開けて見るならば、玄関口に敷き詰められた黒のカーペット。闖入者は外の巣穴のみならず、戸口の角、そこに開いた僅かな間隙からも這い出てきているようです。

「絶対に許さんぞ虫けらども!!!」と激昂する気力も最早なく、ただ緩慢に箒で掃き捨て、巣穴と思しき箇所に接着剤のゼリー塗り込みあとは野となれ山となれ。もう知らん。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

アリといえば、『フェイズⅣ 戦慄!昆虫パニック』という映画があります。昆虫パニックとかいう邦題からは、地球防衛軍ばりの巨大アリが街を蹂躙し人々を喰らうそんな内容を想像するかもしれませんが、全くそんなことはなく。



空から降り注いだ宇宙線か何かの影響によってアリが知能を持ち、人間と種の存続をかけた頭脳戦を繰り広げるという異色の作品です。
まるで実際にアリが感情を持って演技しているかのような映像を見るだけで十分楽しめると思います。しかしあんなの一体どうやって撮ったんだろう・・・。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。