スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さっきネットを開いたときのこと。  by Rook

おはようございます。Rookです。

さて、まず非常に重要なつぶやきからつぶやかせていただきます。



会員よ。もっとサイトを訪れてくれ。 


サイトを管理して、もう二カ月余りになろうかというころに入り、ちょくちょくサイトを改装しているのですが、どうやら会員は一人としてその変化に気が付いていない模様。多分、半月くらい前から加えた改装にも気付いてないんじゃないだろうか?


という、会員に対する少し警告混じりなつぶやきをひとつ。(-。-)y-゜゜゜




さて、今、yahoo!の映像トピックスにこんなものが掲載されているのをご存じだろうか?




Earth hourっていう活動で、一年に一度、一時間だけ電気を止めてその使用量を減らし、二酸化炭素を減らそうという試みなのであるけれども。


これね、あんま意味ないんだ。


というのは、この活動の間は電気は使用されていないけれども、発電所は稼働し続けているんだよね。でさ、電気って貯蓄できないからさ、その時に発電された電気は消化されないで無駄になってしまうんだよね。

太陽光発電を行っている方はご存じのはず。
あれって、余った電気は電気会社に送っていると思ったんだけれども、違った…?


それに、そもそも二酸化炭素が温暖化につながっているっていう証拠は全くない。

金星と水星の話ってご存知?

水金地火木土天海冥って覚え方の通り、水星が太陽に近くて、金星が水星よりも遠いわけだけれども、地表温度って金星のほうが水星よりもはるかに高いって話。

で、金星には大気が二酸化炭素で覆われていることが分かったわけ。

そういう話。


まぁ、いずれにしても温暖化の原因が二酸化炭素だとわかってはいないわけ。

『…にもかかわらず、この活動は一体何がしたいのか?もう、活動が宗教に近い。気持ち悪い。』






という感想を知恵袋で見たわけですがっ! 



私はそうは思わない。

というよりも。そういった活動を行っていた人がいるということを今まで知らなかった私の無知を多少なりとも呪ったね。


たとえばさ、いろいろな技術を生み出すときとかって、いろいろな研究をするじゃない?
ほかでいえば、私のサイト作りとかも、HTML、CSS辞書とかみて、片っぱしからいろいろなものを試していくわけ。


つまり手探りでいろいろなことを試していくってことなんだけれども、それって人間が生活していくうえで重要なことだと思うんだよね。

温暖化だって同じことだと思う。

今現在の段階で、その原因は分かっていないけれども、二酸化炭素がその原因なのかもしれないとわかったら、少しでもそれに対する対策を考えることは至極妥当で、王道だと思う。

それがたとえ温暖化に直結した原因でなかったとしても、たとえ温暖化は今起きている環境問題ではなく、一過性のものであったとしても。


もし。


自分が漕ぎボートに乗っていて、ふと足元がビチャビチャしていたら、どうするか。


水が入っちゃっただけでしょう?って考えて無視するだろうか?

それが湖だったらそうかもしれないけれども、海のど真ん中だったら?(まぁ、海のど真ん中で漕ぎボートに乗る機会はなかろうが。)


私だったら、浸水してるのかもしれないと思って船底に顔を近づけて探し回る。もし、ただ単に波の水が入っただけかも知れなくても。

それを馬鹿にする人間がいようがいまいが関係ない。

なぜって、自分の命がかかっているから。




宇宙船地球号って言葉があるけれども、まさに温暖化が浸水にたとえたらどうだろう?


と思うわけ。



でさ、たとえそれに実用的意味がなかろうがあろうが、その活動をしているEarth hourは船底に顔を近づけている姿にすごく似ていると思うんだよね。(これは全く悪い意味ではなく。)

この彼らの活動の行動力には目を見張るものがある。(@_@)カッ


動画を見ると、なんだか国のデモンストレーションだなと思ってしまうようなところもあるけれど、

それでいいじゃない!


ところどころに人が笑いながらろうそくに火を灯したり、笑い合っている姿があったけれども、それは本当の姿だと思った。


まさに人の輪。



どんなに意味がないように思えても、宗教じみているといわれても。


彼らの行動は見習うべきものがあり、無駄ではないと思った。 



まぁ、人それぞれ賛否両論はあるだろうけれどもさ。

そういった行動をすることができる人はすごいと思うわけよ。



だからさ、まず、


私の部屋の暖房とパソコンの使用を控えようかな!m(__)m 


だけれども、自分はホントに世界のことを知らぬと自覚したね。

たとえばさ、ダルフール紛争さえ知ったのが最近。
少なくとも、北京オリンピックの後だな。いや、バンクーバーの前か。

多分、知っている方はそう多くはないと思うのだが、どうだろう…?

それは日本のマスメディアでもあまり取り上げられない内容だからなのだが。


知らない方はぜひ検索してみてほしい。日本のジャーナルは他国と比べると後進ではないだろうかという文章を見たことがあるが、それを自覚させられた。もちろん、自分に対しても。


やっぱりね、自分で調べないと、知らないことが多いよね。やっぱり。




…っていう、今日は少し真面目な話でした。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。